ひっとプラン港北

ひっとプラン港北

計画の基本理念
すべての区民が人とのつながりをつくりながら、できるだけ長く健康に自立して過ごすことを基本に、助けあい、支えあいのある安心して暮らせるまちを目指します。

第3期計画では、第2期計画の基本理念である「誰もが安心して暮らせるまち 港北」を継続しながら、新たに「健康」という視点を加え、これまで積み重ねてきた取組をさらに充実・発展させていきます。

計画推進の柱と愛称
第2期計画では、計画推進の柱を「担い手、理解が『ひろがる』」、「人、活動が『つながる』」、「情報・サービス、支援の手が『とどく』」とし、また、この推進の柱の3つの頭文字「ひ」「つ」「と」をつなげた「ひっとプラン港北」を愛称として計画を推進してきました。

第3期計画でも第2期計画に引き続き、「ひろがる」「つながる」「とどく」を計画推進の柱とし、「ひっとプラン港北」を計画の愛称として継承していきます。


「ひっとプラン港北」名称について
地域福祉保健に関する計画の愛称「ひっとプラン港北」は、計画の3つの推進の柱であるろがる、ながる、どくの頭文字である「ひっと」と英語で計画という意味の「プラン」を合わせた愛称となっています。
ご応募いただいた愛称の中から久保卯一郎さんの愛称を採用させていただきました。ご応募いただいた皆様ありがとうございました。
【愛称決定感謝状 贈呈式の様子】
愛称決定感謝状 贈呈式の様子
左から 柏崎港北区長、久保さん、大原区社協会長

ひっとプラン
【ひっとプラン港北(PDF)】