職員ブログ
更新日2012/09/06
★夏休み福祉体験講座★ ★新吉田版★
 7月23日、24日、26日、27日の4日間、新吉田地区の小学生(4年~6年生)を対象に新吉田地区社協の皆さんと福祉体験講座を開催しました!


<23日、24日>
 新吉田地区のボランティアセンター「やすらぎの家」
を会場にして、近くのスーパーへ車イスで買いものに行き、ホットケーキの材料を買って、アイマスクをして(視覚障がい体験)ホットケーキを焼きました。アイマスクをしての調理は難しかったけど、ペアの子の誘導で美味しいホットケーキが焼けました!
 
車いすに乗っていざお買い物へ!狭い道は難しい(>_<)アイマスクをつけたままホットケーキを焼きます。ドキドキ

<26日>
 この日は手話体験
 手話サークルの方に手話を教わり、みんなで合唱曲のビリーブを手話で歌いました!
 ビリーブは振り付けが早くて難しかったけど、さすが小学生!物覚えが速く社協職員より早くマスターしていました…


<27日>
 新吉田第二小
へ会場を移動して校内を車いすで探検し、家庭科室でアイマスクをしてホットケーキを焼きました。
 家庭科室はクーラーがなく蒸し風呂のように暑かったけど、子ども達は元気いっぱい、地域の方からかき氷の差し入れもあり、楽しく福祉体験ができました!
慣れない車いす。ちょっとした段差もひと苦労(+_+)


 地域の皆さんと一緒に準備を重ね、学校の協力もあり無事福祉体験が終了し、充実した夏の4日間を過ごせました。
 参加してくれた子ども達が少しでも身体の不自由な方の生活をイメージし、やさしい気持ちで人に接してくれたらいいなあと思います。