職員ブログ
更新日2013/02/22
★高田地区認知症サポーター養成講座に参加しました!

 去る2月6日(水)に高田地域ケアプラザにて”認知症サポーター養成講座”が開催されました!
 認知症サポーター養成講座では、地域や職域・学校などで認知症の基礎知識について、またサポーターとして何ができるかなどについて学ぶ内容となっています。
 当日は講義だけではなく、事例をもとに寸劇も行われており認知症の症状や対応方法等についてわかりやすく説明いただきました(^^)/

  

 「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」となりますが、認知症サポーターにはなにかを特別にやってもらうということではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動できればいいのです。
 たとえば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。
 

 なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)があります。この「オレンジリング」連繋の「印」になるようなまちを目指します。

 サポーターが1人でも多く増えることが、「認知症になっても暮らしやすいまちづくり」につながります!